20代でも要注意!加齢臭チェックの方法と対策のポイントとは

MENU

やってる?加齢臭チェックの方法と対策の重要ポイント

最近なんだか臭うかも?早ければ20代男性から出始める加齢臭。

 

と思ってはいても、

 

「本当に臭いのか?」
「何処から臭いっているのか?」

 

チェックはしていない!という人は多いものです。

 

正しい対策を行うためにもぜひ行って欲しい臭いチェックの方法をご紹介します。

 

衣類の臭いをチェック

加齢臭に限らず、体臭や汗は着ている服に付着するものです。

 

ですから、まずは1日着用した衣類の臭いを嗅いでみて、加齢臭チェックを行ってみましょう。脱ぎたての状態では鼻が慣れていて臭いに気が付きにくい場合もあります。

 

一度入浴して身体や鼻の状態をリセットしてから嗅いでみると、客観的に捉えることができますよ。

 

ティッシュやガーゼでチェック

肌の表面から発生する加齢臭の臭いはやはり直接嗅いでチェックしておきたいものです。

 

しかし加齢臭の発生ポイントとして挙げられる、頭皮や耳の裏、首の後ろや顔のTゾーン、胸の中央ラインといった場所はいずれも自分の鼻を当てることすら叶わない場所となっています。

 

そんなとき役立つのが、ティッシュペーパーやガーゼのような柔らかく無臭でシート状のものに臭いを付けてチェックする方法です。気になる部位にこすり拭き取るように布やティッシュを押し当てるだけなので簡単に試すことができますね。

 

このとき、異なるパーツでティッシュやガーゼの使いまわしはしないようにしましょう。

 

第三者にチェックしてもらう

加齢臭をチェックするときに最も重要なのは客観的に臭いを捉えることですが、どうしても自分自身の臭いは嗅ぎなれているので一人で行うには限界があります。

 

そこで臭いチェックをするときは可能であれば、第三者にも嗅いでもらうことでより的確な判断が可能になるのです。

 

家族や友人など身近な人にお願いできると手軽ではありますが、相手に少なからず深いな気持ちを抱かせてしまうという心配やデメリットも付き物ですね。

 

後ろめたさを感じずに客観的なチェックを行ってもらいたいのであれば、体臭の問題に詳しい医師を尋ねてみるのも一つの方法でしょう。

 

加齢臭対策の第一歩でもある、臭いチェックは部位やタイミングを変えて複数回行うことが大切です。対策の効果を感じるためにも必要なステップですので、自分に合ったチェック方法を見つけておきましょう。

 

加齢臭対策のポイントは?

大きなポイントは、臭いづらい体質を作ることです。脂っこい食べ物を多く食べる、タバコをすう、アルコールは毎日飲むなど、生活習慣が臭いと直結します。

 

加齢臭がではじめたかもと思う方は、まずは体の内側から改善しましょう。

 

おすすめは、アスタキサンチンという成分です。抗酸化作用が高く、体の酸化を防ぎます。加齢臭の原因となるノネナールという物質の生成を抑えてくれるので臭い対策に役立ちます。

 

ちなみに、アスタキサンチンは、紅鮭やイクラなどに多く含まれています。

 

その他、酵素を多く含む果物を多く摂るのも加齢臭対策として有効です。

 

ご参考までに。